日焼け止めは、肌質に合わせたものを選ぶのがおすすめ

3月 - 22 2017 | By

肌を美しく保つために必要なスキンケアに、UVケアが挙げられます。
紫外線は、肌を老化させたりシミやそばかすを作る原因ともなりますので一年中ケアする必要があります。
肌に優しくUVカットするなら、低刺激タイプの日焼け止めがおすすめです。
低刺激タイプの日焼け止めの特徴としては、肌に余分な刺激を与えずに強烈な紫外線から肌を守ってくれる役割が期待できます。
紫外線カットをしないで紫外線を浴びた場合、日焼けだけでなく肌の老化を早めることになりますので、冬でも紫外線カット効果のある化粧品を使うことをお勧めします。
日焼け止めには大きく分けて2つのタイプがあり、一つは紫外線吸収剤です。
紫外線吸収剤は、SPFの値が高いタイプの製品に多く使われている成分で、紫外線を吸収させて肌を紫外線から守る働きがあります。
ウォータープルーフやレジャー用の商品によくみられる成分ですが、肌が敏感な方が使うと肌にトラブルを起こす可能性があるので注意が必要です。
肌が敏感な方は、SPFの値が低いものをこまめに塗りなおしたほうが、肌への刺激が感じられませんので、汗をかいたり水がかかった時にはこまめに塗りなおせるタイプが良いでしょう。
成分は紫外線散乱剤が入ったタイプがお勧めです。
紫外線散乱剤は、紫外線を散乱させることでカットしますので、肌に余分な刺激がかからない点が特徴で、敏感肌向けブランドの多くの日焼け止めに配合されている成分です。
http://www.tfa20years.org/